ドイツ語教材・日本人の利点

ドイツの都市というとすぐに思いつくのはどこでしょうか。ミュンヘン、ケルン、フランクフルト、ハンブルク、ベルリンなどでしょうか、他の国の場合と比べると結構多い気がしませんか。ドイツ語が日本語に近いと気づく点は、それはドイツ語の語順の自由性が日本語に通じるものがあると捉えられるからです。

ドイツ語には日本語として定着しているけど本来の意味はちょっとずれてしまっているものもあります。特に知られているのがアルバイトと言う単語、バイトといえば誰もがすぐに分かりますよね、ドイツ語の名詞 Arbeit(仕事)、動詞ではarbeiten(働く)が日本語化したものです。ドイツ語圏でもアルバイト、いわゆるバイトはあります。ではどういう風に呼ばれているかというと、part-time jobと英語を使っているんです。なんかおかしいですね。ドイツ語の母音もアイウエオが基本なので英語と違って楽勝です。

ドイツ語では動詞の否定を表す場合、否定形は文末に置かれることが多く、これは英語の動詞の否定の仕方とは明らかに異なり、日本語のような思考の流れになります。「私はそれが好きではない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't like it." "Ich mag es nicht." となり、「私は~しない。」という否定の枠構造が、ドイツ語と日本語では同じ語順になると云う共通点があります。



ドイツ語はまた発音も日本語に近い母音なので、響きも日本語的に感じる場合も多いです。

ドイツ語は英語と比較すると、日本人にとってはわかりやすい一面があります。ドイツ語の学習が進んで行くと、ドイツ語には英語にはない特別な日本語の漢字・かな的な発想を発見します。大学の必修第二外国語で選択する場合は、発音や綴りがカンタンだからという安易な理由の人もいますが、それも大正解です。

ドイツ語学習の最後の砦は接続法の第1式です、第2式は英語の仮定法にあたり覚えやすいのですが、第1式はドイツ語独特の間接話法の表現でちょっと面倒です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ho49p0kl

Author:ho49p0kl
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR