ドイツ語学習・停滞と突破

ドイツ語は英語と比較すると、日本人には共感できるところがあります。ドイツ語が使われているのはドイツとウィーンのあるオーストリアや首都ベルンを含むスイスなどの公用語でもあります。

ドイツ語を学習して、ドイツ語になれてくると、ドイツ語には英語とは違う独特の日本語的な思考回路の作用があり、感覚的な近さを感じます。ドイツ語が日本語に近いと思ってしまうところは、それはドイツ語の独特の倒置法が影響していると考えられます。

ドイツ語では動詞を否定する場合、否定語は文末に持ってゆくことが多く、これは英語におけるnotの文法的な用法とは明らかに異なり、日本語的な言語の枠組みが見られます。「私はタバコを吸わない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't smoke." "Ich rauche nicht." となり、「私は~しない。」という否定の枠構造が、ドイツ語と日本語では同じ語順になると云う共通点があります。

ドイツ語の学習の第一の壁は冠詞、名詞、形容詞で起こる格変化かも知れません。慣れてくれば語感で判断できるようになるのですが...

ドイツ語には日本語として独自の発展をして、元来の意味からはずれてしまっているものもリます。ガス爆弾、これをドイツ語ではガスボンベと言いますが、この意味だと日本ではスーパーで爆弾が売られていることになります。ドイツ語式に言えば、この場合ガスタンクが適切です。これは明らかに勘違いされてしまった例ですね。ドイツ語の発音は日本人に取っては簡単で、カタカナ表記をそのまま読んでも楽に通じます。ドイツ語をはじめようと決心した人は、義務教育ではじめる英語学習とは根本的に異なる、何か自主的なキッカケがあるはずですよね。ドイツ語の発音で特徴的なのが、巻き舌のr(エる)の音ですが、最近ではあまり大げさにやらなくなってきています。



ドイツ語はメルセデス・ベンツ、BMV、フォルクス・ワーゲン、オペルなど高級外車のイメージにも関連して、モータースポーツなどでも主流の言語ですね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ho49p0kl

Author:ho49p0kl
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR