ドイツ語への道

ドイツ語の学習を始めようとしている人は、どのような動機でそのような気持ちになったのでしょうか。ドイツ語はもともと学術的な言葉として日本には定着しています、昔は病院のカルテはすべてドイツ語で書かれていました、だから医学生には必修の言葉だったのです。

ドイツ語は英語との類似点は数多いですが、実は日本語との類似もかなりあると思わせる部分も多いです。ドイツ語を学習して、ドイツ語になれてくると、ドイツ語には英語とは違う独特の日本語的な思考回路の作用を発見します。ドイツ語が日本語に近いと思う点は、それはドイツ語の独特の倒置法が影響していると考えられます。

ドイツ語では動詞を否定する場合、否定語は文末に持ってゆくことが多く、これは英語のnotとドイツ語のnichtの使われる位置に明らかな相違が見られ、日本語に近くなります。「私はその本を読まない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't read the book." "Ich lese das Buch nicht." となり、「私は~しない。」という否定の言葉がドイツ語と日本語では最後になると云う共通点があります。



ドイツ語が話されているのはドイツ本家のほかに、オーストリア全土、スイスの一部地域、リヒテンシュタインなどの共通語でもあります。

例えばデンマークの首都コペンハーゲンは英語ではCopenhagen[コウペンヘイゲン]ですが、ドイツ語ではKopenhagen[コペンハーゲン]です。

ドイツ語には日本語になった時にもともとの意味とずれてしまったものもあります。代表選手がアルバイトというドイツ語、この頃ではバイトというのが普通ですが、ドイツ語の「仕事 Arbeit」 「働く arbeiten」が日本語になったものです。ちなみにドイツ語ではバイトはアルバイトでは通じません。英語のpart-time jobを外来語として使っています。変な現象ですね!しかしドイツ語には英語では簡略化されている格変化というややこしい活用形がありますから、ちょっと面倒ですよね。

ドイツ語はまた発音も日本語に近い母音なので、響きも日本語的に感じる場合も多いです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ho49p0kl

Author:ho49p0kl
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR