趣味のドイツ語マスター

ドイツ語が日本語と類似していると感じる点は、それはドイツ語の独自の語順の原則がその理由のように思います。



ドイツ語にだいぶ慣れてくると、ドイツ語には英語にはない特別な日本語のような感覚があり、非常に親しみを感じてくるようになります。ドイツ語には日本語になっているけど元の意味はちょっと違うというものもあります。代表選手がアルバイトというドイツ語、この頃ではバイトというのが普通ですが、アルバイトはドイツ語では「職業」「仕事」を意味するArbeitから派生した日本語の外来語です。ではドイツ語ではアルバイトの意味の単語はあるのでしょうか、バイトに当たるドイツ語はありません。英語式にパートタイム・ジョブと呼んでいます。なんだかややこしいですね!ドイツ語は割と楽に取り組めます。格変化はちょっとややこしいかもしれませんけどね。

ドイツ語の学習を始めようとしている人は、どういうキッカケでそう思うようになったのでしょうか。ドイツ語の母音もアイウエオが基本なので英語と違って楽勝です。



ドイツ語の発音はカタカナ読みでほぼ完全と言っていいほどに対応できます。ドイツ語が話されているのはドイツとハプスブルク家のオーストリア、チューリッヒ、ベルンなどを含むスイス等の共通語でもあります。

ドイツ語では動詞の否定を表す場合、否定形は文末に置かれることが多く、これは英語の否定表現とは明らかに語順が違い、日本語のような枠構造になります。「私は行かない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't go." "Ich gehe nicht." となり、「私は~しない。」という否定の表現がドイツ語と日本語では最後に置かれるという共通点があります。

ドイツ語は英語とは同族の言語であると認識させられる点は多数ありますが、実は日本語的な要素が多いと思われることも多いですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ho49p0kl

Author:ho49p0kl
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR