ドイツ語攻略・瞬発と持続

ドイツ語の学習の第一の壁は冠詞、名詞、形容詞で起こる格変化かも知れません。慣れてくれば語感で判断できるようになるのですが...

ドイツ語には日本語として定着しているけど本来の意味はちょっとずれてしまっているものもあります。代表選手がアルバイトというドイツ語、この頃ではバイトというのが普通ですが、ドイツ語の「仕事 Arbeit」 「働く arbeiten」が日本語になったものです。ちなみにドイツ語ではバイトはアルバイトでは通じません。英語のpart-time jobを外来語として使っています。変な現象ですね!ドイツ語では否定表現の場合、否定を表す言葉は最後に来ることが多く、これは英語の動詞の否定の仕方とは明らかに異なり、日本語のような思考の流れになります。「私はそれが好きではない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't like it." "Ich mag es nicht." となり、「私は~しない。」という否定の文章では、ドイツ語と日本語では最後に否定の意味が表される共通点があります。

ドイツ語をはじめようと思うに至るには、誰でも中学校で学ぶ英語の場合とは違い、なにかその人の思い入れみたいなものがあるはずですよね。

ドイツ語の発音は日本人に取っては簡単で、カタカナ表記をそのまま読んでも楽に通じます。ドイツ語の学習を続けていると、ドイツ語には英語とは根本的に異なる日本語的な面があり、非常に親しみを感じてくるようになります。ドイツ語は英語に似ているところも数多いですが、実は日本語とも構造的に似ていると考えられる部分もかなりあります。ドイツ語の母音もアイウエオが基本なので英語と違って楽勝です。

ドイツ語が日本語に通じると思い当たる点は、それはドイツ語の語順の自由性がその理由のように思います。

ドイツ語はクラシック音楽ファンにはわりと親近感のある言葉ですし、オペラ作品などもドイツ語のものが多いのですね、モーツァルトが代表的です。

ドイツ語を話す地域はドイツ連邦共和国だけでなく、ウィーンのあるオーストリアや首都ベルンを含むスイスなどで公用語となっています。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ho49p0kl

Author:ho49p0kl
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR