ドイツ語教材・契機と発展

ドイツ語の学習を続けていると、ドイツ語には英語とは根本的に異なる日本語の仕組みに通ずるものがあり、非常に親しみを感じてくるようになります。ドイツ語の発音は日本人に取っては簡単で、カタカナ表記をそのまま読んでも楽に通じます。ドイツ語が英語と違って面倒だと感じてしまうのは、名詞に性があることかもしれません。名詞は男性名詞、女性名詞、中性名詞の3つに分かれます。フランス語等のラテン語族の2つよりも1つ多いですね。

ドイツ語では否定文を作る場合、否定詞は最後に来ることが多く、これは英語の否定表現とは明らかに語順が違い、日本語のような枠構造になります。「私はタバコを吸わない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't smoke." "Ich rauche nicht." となり、「私は~しない。」という否定の枠構造が、ドイツ語と日本語では同じ語順になると云う共通点があります。



ドイツ語には日本語になった時にもともとの意味とずれてしまったものもあります。特に知られているのがアルバイトと言う単語、バイトといえば誰もがすぐに分かりますよね、アルバイトはドイツ語では「職業」「仕事」を意味するArbeitから派生した日本語の外来語です。ドイツ語圏でもアルバイト、いわゆるバイトはあります。ではどういう風に呼ばれているかというと、part-time jobと英語を使っているんです。なんかおかしいですね。ドイツ語は英語とは同族の言語であると認識させられる点は多くありますが、実は日本語的な要素が多いと思わせる部分も多いです。ドイツ語をはじめるきっかけは、人により様々だと思います。家族の転勤でドイツ語圏で暮らすことになったからという人もいるでしょう。例えばデンマークの首都コペンハーゲンは英語ではCopenhagen[コウペンヘイゲン]ですが、ドイツ語ではKopenhagen[コペンハーゲン]です。

ドイツ語が日本語と似通っていると思う点は、それはドイツ語独特の定動詞第二位の原則が少なからず係りを持っていると考えられます。

ドイツ語を母国語としているのはドイツ本国だけでなく、ハプスブルク家のオーストリア、チューリッヒ、ベルンなどを含むスイス等で公用語となっています。

ドイツ語はサッカーファンの間ではバイエルン・ミュンヘンとかヘルダーベルリン、シャルケ、ハンブルガーFCなどのチーム名と関連して響きが魅力ある言語のようです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ho49p0kl

Author:ho49p0kl
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR