面白いドイツ語

ドイツ語には日本語として定着しているけど本来の意味はちょっとずれてしまっているものもあります。有名なのがアルバイトという言葉、最近は略してバイトが普通ですが、ドイツ語の「仕事 Arbeit」 「働く arbeiten」が日本語になったものです。ちなみにドイツ本国では、バイトのことは、part-time job と英語を使います。面白いですねドイツ語の発音で特徴的なのが、巻き舌のr(エる)の音ですが、最近ではあまり大げさにやらなくなってきています。

ドイツ語を話す地域はドイツ連邦共和国だけでなく、ハプスブルク家のオーストリア、チューリッヒ、ベルンなどを含むスイス等の一帯で話されています。

ドイツ語はサッカーファンの間ではバイエルン・ミュンヘンとかヘルダーベルリン、シャルケ、ハンブルガーFCなどのチーム名と関連して響きが魅力ある言語のようです。

ドイツ語は英語よりも、日本人には馴染みやすい側面があります。英語の場合はちょっとモード移行が必要なのに、ドイツ語は日本語からでも自然に話をはじめたり、切り替えたりすることができます。



ドイツ語をやってみようと思い立った人は、中学校で学び始める英語とは違い、なにかその人の思い入れみたいなものがあるはずですよね。ドイツ語では動詞を否定する場合、否定語は文末に持ってゆくことが多く、これは英語におけるnotの文法的な用法とは明らかに異なり、日本語的な言語の枠組みが見られます。「私は行かない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't go." "Ich gehe nicht." となり、「私は~しない。」という否定の枠構造が、ドイツ語と日本語では同じ語順になると云う共通点があります。

ドイツ語にだいぶ慣れてくると、結構ドイツ語は英語とは違い日本語の仕組みに通ずるものがあり、非常に親しみを感じてくるようになります。英語はフランス語の名詞を多く取り入れ、かなり言語として進化しているので、現在に至るまでにドイツ語とはかなりかけ離れてしまいました。

ドイツ語の発音はほぼローマ字読みで対応できます。発音もカタカナで表記できて、読み方も問題ありません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ho49p0kl

Author:ho49p0kl
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR