ドイツ語マスター・趣味と実用

ドイツ語には日本語になった時にもともとの意味とずれてしまったものもあります。ガスボンベと言うのはもともとドイツ語ですが、本来はガス爆弾の意味で、この語の場合は間違って定着した言葉ですね。ドイツ語では、ガスタンクがこれにあたります。この単語の場合は誤って使われ続けている言葉です。ドイツ語が日本語と類似していると感じる点は、それはドイツ語独特の定動詞第二位の原則が日本語に通じるものがあると捉えられるからです。

ドイツ語で難しいのは変母音äöüですがエ、エ、ユで間に合いますので面白いくらい簡単です。

ドイツ語は英語に似ているところも沢山ありますが、実は日本語に似ていると改めて感じることも少なくありません。ドイツ語はドイツ本家のほかに、ウィーンのあるオーストリアや首都ベルンを含むスイスなどの一帯で話されています。

ドイツ語の学習を進めていくと、ドイツ語には英語にはない特別な日本語の漢字・かな的な発想が存在していることに驚きます。

ドイツ語では動詞の否定を表す場合、否定形は文末に置かれることが多く、これは英語の否定表現とは明らかに語順が違い、日本語のような枠構造になります。「私は彼女を愛していない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't love her." "Ich liebe sie nicht." となり、「私は~しない。」という否定の表現がドイツ語と日本語では最後に置かれるという共通点があります。

ドイツ語は割と楽に取り組めます。格変化はちょっとややこしいかもしれませんけどね。



ドイツ語の発音もとてもカンタンです。覚えるに要する時間は2時間くらいで十分です。フランス語の発音は20時間かけても一気に覚えるのは難しいですので、ドイツ語は日本人に向いていると言えます。ドイツ語をやってみようと思い立った人は、中学校で学び始める英語とは違い、何か自主的なキッカケがあるはずですよね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ho49p0kl

Author:ho49p0kl
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR