ドイツ語攻略・速習と効率

ドイツ語には日本語になった時にもともとの意味とずれてしまったものもあります。ガスボンベはドイツ語由来の言葉ですが、ドイツ語ではボンベは爆弾のことです。ドイツ語式に言えば、この場合ガスタンクが適切です。これは明らかに勘違いされてしまった例ですね。ドイツ語の学習を進めていくと、ドイツ語には英語とは違う独特の日本語的な思考回路の作用が存在していることに驚きます。ドイツ語の発音もとてもカンタンです。覚えるに要する時間は2時間くらいで十分です。フランス語の発音は20時間かけても一気に覚えるのは難しいですので、ドイツ語は日本人に向いていると言えます。ドイツ語は英語よりも、日本人には親しみやすい局面があります。ドイツ語が日本語と類似していると感じる点は、それはドイツ語の語順の自由性が影響していると考えられます。

ドイツ語の発音で特徴的なのが、巻き舌のr(エる)の音ですが、若い人の間ではエるよりもエアと発音する傾向が強くなっています。

ドイツ語では否定表現の場合、否定を表す言葉は最後に来ることが多く、これは英語におけるnotの文法的な用法とは明らかに異なり、日本語的な言語の枠組みが見られます。「私は行かない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't go." "Ich gehe nicht." となり、「私は~しない。」という否定文では、ドイツ語と日本語では最後に否定の意味が述べられるという共通点があります。

ドイツ語が使われているのはドイツではもちろんですが、隣のオーストリアやスイスのドイツ語圏などの周辺で使われている言語です。



しかしドイツ語には英語ではすでにほとんど退化してしまっている形容詞や名詞の格変化というややこしい規則がありますから、最初のうちはちょっと面倒ですよね。



ドイツ語をはじめようと決心した人は、誰でも中学校で学ぶ英語の場合とは違い、なにかその人の思い入れみたいなものがあるはずですよね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ho49p0kl

Author:ho49p0kl
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR