ドイツ語習得・暗雲と青空



ドイツ語の学習が進んで行くと、結構ドイツ語は英語とは違い日本語的な思考回路の作用が存在していることに驚きます。ドイツ語の学習の第一の壁は名詞の性かも知れません。男性、女性に加えて中性名詞というのもありますが、かえって中性名詞があることでフランス語にはない合理性も感じるはずです。

ドイツ語の発音で難しいのはö(オーウムラウト)ですが、これは「Oの変音」と言う名前の通り、オーと言った口の形でエーと発音するおとです。カタカナだと「エー」と表記します。Öl [エール] oil Vögel[フェーゲル] Vogel (鳥)の複数形などです。

ドイツ語をはじめようと決心した人は、どのような動機でそのような気持ちになったのでしょうか。ドイツ語はドイツ本家のほかに、ハプスブルク家のオーストリア、チューリッヒ、ベルンなどを含むスイス等の一帯で話されています。

ドイツ語には日本語として定着しているけど本来の意味はちょっとずれてしまっているものもあります。代表選手がアルバイトというドイツ語、この頃ではバイトというのが普通ですが、アルバイトはもともとドイツ語の「仕事」「働く」を意味する、Arbeit arbeiten から日本語になったものです。ドイツ語圏でもアルバイト、いわゆるバイトはあります。ではどういう風に呼ばれているかというと、part-time jobと英語を使っているんです。なんかおかしいですね。ドイツ語は英語と比較すると、日本人にとっては理解しやすい側面があります。ドイツ語が日本語に近いと思い当たる点は、それはドイツ語の独自の語順の原則がその理由のように思います。

ドイツ語では動詞の否定を表す場合、否定形は文末に置かれることが多く、これは英語のnotとドイツ語のnichtの使われる位置に明らかな相違が見られ、日本語に近くなります。「私はそれが好きではない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't like it." "Ich mag es nicht." となり、「私は~しない。」という否定の文章では、ドイツ語と日本語では最後に否定の意味が表される共通点があります。

ドイツ語の発音はカタカナ読みでほぼ完全と言っていいほどに対応できます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ho49p0kl

Author:ho49p0kl
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR