ドイツ語学習・享楽の次元

ドイツ語は英語とは同族の言語であると認識させられる点は数多いですが、実は日本語的な要素が多いと考えられる部分もかなりあります。ドイツ語の発音で特徴的なのが、巻き舌のr(エる)の音ですが、若い人の間ではエるよりもエアと発音する傾向が強くなっています。

ドイツ語をはじめようと決心した人は、誰でも中学校で学ぶ英語の場合とは違い、何か自主的な動機がありますよね。ドイツ語の発音は日本人にとって簡単で、また日本語の発音もドイツ人にとって簡単というつながりがあります。ドイツ語はもともと学術的な言葉として日本には定着しています、昔は病院のカルテはすべてドイツ語で書かれていました、だから医学生には必修の言葉だったのです。



ドイツ語が日本語と類似していると気づく点は、それはドイツ語独特の定動詞第二位の原則が日本語に通じるものがあると捉えられるからです。

ドイツ語では動詞の否定表現の場合、否定のnichtは文末に来ることが多く、これは英語の否定表現とは明らかに語順が違い、日本語のような枠構造になります。「私はその本を読まない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't read the book." "Ich lese das Buch nicht." となり、「私は~しない。」という否定文では、ドイツ語と日本語では最後に否定の意味が述べられるという共通点があります。

ドイツ語は外来語として定着しているものもありますが、日本独特の呼び方になってしまっているものもあります。もわりと多いですが日本語として独自の発展をして、元来の意味からはずれてしまっているものもリます。ガスボンベはドイツ語由来の言葉ですが、ドイツ語ではボンベは爆弾のことです。ドイツ語ではこの場合、ガスタンクといいます。ドイツ人にタクシーのトランクにある燃料容器を「ガスボンベ」と説明し大笑いされたことがあります。ドイツ語が話されているのはドイツではもちろんですが、ウィーンのあるオーストリアや首都ベルンを含むスイスなどの一帯で話されています。

ドイツ語にだいぶ慣れてくると、ドイツ語は意外にも英語にはない日本語の仕組みに通ずるものが存在していることに驚きます。ドイツ語はある段階までは各変化や活用もわりと覚えやすいので進行も早く学習できると思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ho49p0kl

Author:ho49p0kl
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR