ドイツ語マスター・重要なポイント

ドイツ語には日本語として独自の発展をして、元来の意味からはずれてしまっているものもリます。代表格がアルバイトというもともとはドイツ語の言葉、最近はバイトで定着していますが、ドイツ語の名詞 Arbeit(仕事)、動詞ではarbeiten(働く)が日本語化したものです。ドイツ語圏でもアルバイト、いわゆるバイトはあります。ではどういう風に呼ばれているかというと、part-time jobと英語を使っているんです。なんかおかしいですね。ドイツ語を学習して、ドイツ語になれてくると、結構ドイツ語は英語とは違い日本語的な面を発見します。ドイツ語が英語と違って面倒だと感じてしまうのは、名詞に性があることかもしれません。名詞は男性名詞、女性名詞、中性名詞の3つに分かれます。フランス語等のラテン語族の2つよりも1つ多いですね。



ドイツ語は英語と近いと感じる部分はかなりありますが、実は日本語に似ていると考えられる部分もかなりあります。ドイツ語はメルセデス・ベンツ、BMV、フォルクス・ワーゲン、オペルなど高級外車のイメージがあり、重厚で厳格な響きが好まれてもいます。

ドイツ語が使われているのはドイツではもちろんですが、隣のオーストリアやスイスのドイツ語圏などの公用語でもあります。

ドイツ語の発音はほぼローマ字読みで対応できます。発音もカタカナで表記できて、読み方も問題ありません。ドイツ語をはじめようと思う理由は、義務教育ではじめる英語学習とは根本的に異なる、何か自主的な動機がありますよね。ドイツ語が日本語と類似していると思ってしまうところは、それはドイツ語の語順の流動性が日本語に通じるものがあると捉えられるからです。

ドイツ語では動詞の否定を表す場合、否定形は文末に置かれることが多く、これは英語のnotとドイツ語のnichtの使われる位置に明らかな相違が見られ、日本語に近くなります。「私はそれが好きではない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't like it." "Ich mag es nicht." となり、「私は~しない。」という否定の枠構造が、ドイツ語と日本語では同じ語順になると云う共通点があります。

ドイツ語で難しいのは変母音äöüですがエ、エ、ユで間に合いますので面白いくらい簡単です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ho49p0kl

Author:ho49p0kl
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR