ドイツ語習得・攻守の確立

ドイツ語をはじめようと考えている人は、どのような動機でそのような気持ちになったのでしょうか。ドイツ語の母音もアイウエオが基本なので英語と違って楽勝です。

ドイツ語の発音はカタカナ読みでほぼ完全と言っていいほどに対応できます。ドイツ語の学習を続けていると、ドイツ語には英語とは違う独特の日本語のような感覚があり、感覚的な近さを感じます。ドイツ語はドイツ本国だけでなく、ウィーンのあるオーストリアや首都ベルンを含むスイスなどで公用語となっています。

英語はフランス語の名詞を多く取り入れ、かなり言語として進化しているので、現在に至るまでにドイツ語とはかなりかけ離れてしまいました。

ドイツ語が日本語に近いと思い当たる点は、それはドイツ語独特の定動詞第二位の原則がおおいに影響していると思われます。

ドイツ語には日本語になった時にもともとの意味とずれてしまったものもあります。特に知られているのがアルバイトと言う単語、バイトといえば誰もがすぐに分かりますよね、ドイツ語の「仕事 Arbeit」 「働く arbeiten」が日本語になったものです。ちなみにドイツ語ではバイトはアルバイトでは通じません。英語のpart-time jobを外来語として使っています。変な現象ですね!

ドイツ語では動詞の否定を表す場合、否定形は文末に置かれることが多く、これは英語の否定表現とは明らかに語順が違い、日本語のような枠構造になります。「私はタバコを吸わない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't smoke." "Ich rauche nicht." となり、「私は~しない。」という否定の表現がドイツ語と日本語では最後に置かれるという共通点があります。

ドイツ語は英語に比べると、私たち日本人にはわかりやすいと感じるところがあります。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ho49p0kl

Author:ho49p0kl
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR