ドイツ語学習の契機

ドイツ語は割と楽に取り組めます。格変化はちょっとややこしいかもしれませんけどね。

ドイツ語をやってみようと思い立った人は、どういうキッカケでそう思うようになったのでしょうか。ドイツ語はサッカーファンの間ではバイエルン・ミュンヘンとかヘルダーベルリン、シャルケ、ハンブルガーFCなどのチーム名と関連して響きが魅力ある言語のようです。

ドイツ語の学習を続けていると、ドイツ語には英語とは根本的に異なる日本語的な面が存在していることに驚きます。ドイツ語はドイツとウィーンのあるオーストリアや首都ベルンを含むスイスなどで公用語となっています。

ドイツ語では動詞の否定表現の場合、否定のnichtは文末に来ることが多く、これは英語の動詞の否定の仕方とは明らかに異なり、日本語のような思考の流れになります。「私はタバコを吸わない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't smoke." "Ich rauche nicht." となり、「私は~しない。」という否定の表現がドイツ語と日本語では最後に置かれるという共通点があります。

ドイツ語は英語とは同族の言語であると認識させられる点はかなりありますが、実は日本語との類似もかなりあると改めて感じることも少なくありません。ドイツ語が日本語に通じると気づく点は、それはドイツ語の独自の語順の原則がおおいに影響していると思われます。

ドイツ語の発音はカタカナ読みでほぼ完全と言っていいほどに対応できます。

ドイツ語の発音で難しいのはMuseum(ムゼウム)など音節の切れ目がいくつか考えられる場合ですが、あとは混乱はほとんどないと言ってよいでしょう。

ドイツ語には日本語として定着しているけど本来の意味はちょっとずれてしまっているものもあります。代表選手がアルバイトというドイツ語、この頃ではバイトというのが普通ですが、アルバイトはドイツ語では「職業」「仕事」を意味するArbeitから派生した日本語の外来語です。ドイツ語圏でもアルバイト、いわゆるバイトはあります。ではどういう風に呼ばれているかというと、part-time jobと英語を使っているんです。なんかおかしいですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ho49p0kl

Author:ho49p0kl
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR