楽しめるドイツ語教材





ドイツ語の学習を始めるには、中学校からの英語とは違い、なにかその人の思い入れみたいなものがあるはずですよね。ドイツ語を学習して、ドイツ語になれてくると、結構ドイツ語は英語とは違い日本語的な面が存在していることに驚きます。ドイツ語が話されているのはドイツ連邦共和国だけでなく、ハプスブルク家のオーストリア、チューリッヒ、ベルンなどを含むスイス等で公用語となっています。

ドイツ語は外来語として定着しているものもありますが、日本独特の呼び方になってしまっているものもあります。もわりと多いですが日本語として独自の発展をして、元来の意味からはずれてしまっているものもリます。ガス爆弾、これをドイツ語ではガスボンベと言いますが、この意味だと日本ではスーパーで爆弾が売られていることになります。ドイツ語ではガスタンクというのが本来です。外来語としては意味がずれて使われるようになってしまった例ですね。ドイツ語の発音で特徴的なのが、巻き舌のr(エる)の音ですが、最近ではあまり大げさにやらなくなってきています。

ドイツ語の発音もとてもカンタンです。覚えるに要する時間は2時間くらいで十分です。フランス語の発音は20時間かけても一気に覚えるのは難しいですので、ドイツ語は日本人に向いていると言えます。ドイツ語が日本語に通じると思ってしまうところは、それはドイツ語の語順の自由性が少なからず係りを持っていると考えられます。

ドイツ語が英語と違って面倒だと感じてしまうのは、名詞に性があることかもしれません。名詞は男性名詞、女性名詞、中性名詞の3つに分かれます。フランス語等のラテン語族の2つよりも1つ多いですね。

ドイツ語は英語と構造的に共通しているところは沢山ありますが、実は日本語ともかなり近いと思わせる部分も多いです。ドイツ語では否定文を作る場合、否定詞は最後に来ることが多く、これは英語の否定表現とは明らかに語順が違い、日本語のような枠構造になります。「私は彼女を愛していない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't love her." "Ich liebe sie nicht." となり、「私は~しない。」という否定の文章では、ドイツ語と日本語では最後に否定の意味が表される共通点があります。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ho49p0kl

Author:ho49p0kl
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR