親しめるドイツ語学習

ドイツ語では否定表現の場合、否定を表す言葉は最後に来ることが多く、これは英語におけるnotの文法的な用法とは明らかに異なり、日本語的な言語の枠組みが見られます。「私はタバコを吸わない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't smoke." "Ich rauche nicht." となり、「私は~しない。」という否定の言葉がドイツ語と日本語では最後になると云う共通点があります。

ドイツ語には日本語として独自の発展をして、元来の意味からはずれてしまっているものもリます。ガスボンベと言うのはもともとドイツ語ですが、本来はガス爆弾の意味で、この語の場合は間違って定着した言葉ですね。ドイツ語ではガスタンクというのが本来です。この単語の場合は誤って使われ続けている言葉です。ドイツ語の学習が進んで行くと、結構ドイツ語は英語とは違い日本語の漢字・かな的な発想があることに気づきます。ドイツ語が日本語に似ていると気づく点は、それはドイツ語独特の定動詞第二位の原則が影響していると考えられます。

ドイツ語の発音はとてもカンタンです。学習する時間もフランス語の発音の20分の1以下くらいの労力で済みます。ドイツ語をはじめようと思うに至るには、義務教育ではじめる英語学習とは根本的に異なる、なにかその人の思い入れみたいなものがあるはずですよね。

ドイツ語は英語とは同族の言語であると認識させられる点は数多いですが、実は日本語に似ていると思われることも多いですね。ドイツ語の発音で難しいのはMuseum(ムゼウム)など音節の切れ目がいくつか考えられる場合ですが、あとは混乱はほとんどないと言ってよいでしょう。

ドイツ語は最近若い人の間でもプチブームが起きているようです。ドイツのブンデスリーガに移籍するJリーガーファンにもドイツ語を勉強している人がいるようです。

ドイツ語が英語と違って面倒だと感じてしまうのは、名詞に性があることかもしれません。名詞は男性名詞、女性名詞、中性名詞の3つに分かれます。フランス語等のラテン語族の2つよりも1つ多いですね。

ドイツ語が使われているのはドイツ本家のほかに、ウィーンのあるオーストリアや首都ベルンを含むスイスなどの周辺で使われている言語です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ho49p0kl

Author:ho49p0kl
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR