ドイツ語習得・攻守の確立

ドイツ語には日本語として独自の発展をして、元来の意味からはずれてしまっているものもリます。特に知られているのがアルバイトと言う単語、バイトといえば誰もがすぐに分かりますよね、ドイツ語の「仕事 Arbeit」 「働く arbeiten」が日本語になったものです。ちなみにドイツ本国では、バイトのことは、part-time job と英語を使います。面白いですね

ドイツ語では動詞の否定を表す場合、否定形は文末に置かれることが多く、これは英語の否定表現とは明らかに語順が違い、日本語のような枠構造になります。「私は行かない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't go." "Ich gehe nicht." となり、「私は~しない。」という否定文では、ドイツ語と日本語では最後に否定の意味が述べられるという共通点があります。

ドイツ語の発音はとてもカンタンです。学習する時間もフランス語の発音の20分の1以下くらいの労力で済みます。ドイツ語で難しいのは変母音äöüですがエ、エ、ユで間に合いますので面白いくらい簡単です。

しかしドイツ語もごく最近新書法という、コンピュータへの対応も見越したスペリングの改革が行われました。これは往年のドイツ語の文学的芳香を消し去るもので到底受け入れがたいとの声もありますが、時代の流れに押し寄られた形になってしまうのは、生きた言語としての宿命みたいなものがあるのも受け入れざるをえない事実です。

ドイツ語の学習が進んで行くと、ドイツ語は意外にも英語にはない日本語的な面があり、非常に親しみを感じてくるようになります。ドイツ語はドイツではもちろんですが、オーストリア全土、スイスの一部地域、リヒテンシュタインなどの共通語でもあります。

ドイツ語が日本語に似ていると思い当たる点は、それはドイツ語の独自の語順の原則がおおいに影響していると思われます。

ドイツ語は英語と比較すると、日本語を使う私達には理解しやすい局面があります。ドイツ語はサッカーファンの間ではバイエルン・ミュンヘンとかヘルダーベルリン、シャルケ、ハンブルガーFCなどのチーム名と関連して響きが魅力ある言語のようです。

ドイツ語をはじめようと決心した人は、誰でも中学校で学ぶ英語の場合とは違い、何か自主的なものがありますよね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ho49p0kl

Author:ho49p0kl
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR