ドイツ語攻略・契機と発展

ドイツ語が英語と違って面倒だと感じてしまうのは、名詞に性があることかもしれません。名詞は男性名詞、女性名詞、中性名詞の3つに分かれます。フランス語等のラテン語族の2つよりも1つ多いですね。

ドイツ語では否定表現の場合、否定を表す言葉は最後に来ることが多く、これは英語の動詞の否定の仕方とは明らかに異なり、日本語のような思考の流れになります。「私はその本を読まない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't read the book." "Ich lese das Buch nicht." となり、「私は~しない。」という否定の枠構造が、ドイツ語と日本語では同じ語順になると云う共通点があります。

ドイツ語が日本語と類似していると思う点は、それはドイツ語の語順の自由性が影響していると考えられます。

ドイツ語はまた発音も日本語に近い母音なので、響きも日本語的に感じる場合も多いです。ドイツ語は英語にはない、我々には親しみやすい側面があります。ドイツ語を母国語としているのはドイツ本国だけでなく、隣のオーストリアやスイスのドイツ語圏などで公用語となっています。

例えばデンマークの首都コペンハーゲンは英語ではCopenhagen[コウペンヘイゲン]ですが、ドイツ語ではKopenhagen[コペンハーゲン]です。

ドイツ語の学習をはじめるのには何かの強い思いが動機となることがあります。クラシック音楽ファンがドイツ語に興味を持つのはある意味必然的と言えるかもしれません。ドイツ語にだいぶ慣れてくると、ドイツ語には英語とは根本的に異なる日本語の仕組みに通ずるものがあり、感覚的な近さを感じます。ドイツ語には日本語になった時にもともとの意味とずれてしまったものもあります。代表選手がアルバイトというドイツ語、この頃ではバイトというのが普通ですが、ドイツ語の名詞 Arbeit(仕事)、動詞ではarbeiten(働く)が日本語化したものです。このドイツ語のArbeitには日本語のバイトの意味はありません。バイトに当たるドイツ語は一般的には存在しません。

ドイツ語はクラシック音楽ファンにはわりと親近感のある言葉ですし、オペラ作品などもドイツ語のものが多いのですね、モーツァルトが代表的です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ho49p0kl

Author:ho49p0kl
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR