ドイツ語教材・簡易と難易

ドイツ語は英語にはない、日本人にとっては理解しやすい一面があります。ドイツ語は割と楽に取り組めます。格変化はちょっとややこしいかもしれませんけどね。



ドイツ語を母国語としているのはドイツ本国だけでなく、オーストリア全土、スイスの一部地域、リヒテンシュタインなどで公用語となっています。



ドイツ語が日本語に似ていると感じる点は、それはドイツ語の語順の自由性が少なからず係りを持っていると考えられます。

ドイツ語の学習を続けていると、ドイツ語には英語とは違う独特の日本語的な思考回路の作用を発見します。ドイツ語の学習を始めるには、誰でも中学校で学ぶ英語の場合とは違い、何か自主的なものがありますよね。ドイツ語の母音もアイウエオが基本なので英語と違って楽勝です。

ドイツ語は外来語として定着しているものもありますが、日本独特の呼び方になってしまっているものもあります。もわりと多いですが日本語として独自の発展をして、元来の意味からはずれてしまっているものもリます。特に知られているのがアルバイトと言う単語、バイトといえば誰もがすぐに分かりますよね、ドイツ語の「仕事 Arbeit」 「働く arbeiten」が日本語になったものです。ドイツ語圏でもアルバイト、いわゆるバイトはあります。ではどういう風に呼ばれているかというと、part-time jobと英語を使っているんです。なんかおかしいですね。ドイツ語の発音は日本人に取っては簡単で、カタカナ表記をそのまま読んでも楽に通じます。ドイツ語では動詞の否定を表す場合、否定形は文末に置かれることが多く、これは英語のnotとドイツ語のnichtの使われる位置に明らかな相違が見られ、日本語に近くなります。「私は行かない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't go." "Ich gehe nicht." となり、「私は~しない。」という否定の言葉がドイツ語と日本語では最後になると云う共通点があります。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ho49p0kl

Author:ho49p0kl
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR