ドイツ語学習・限界突破

しかしドイツ語もごく最近新書法という、コンピュータへの対応も見越したスペリングの改革が行われました。これは往年のドイツ語の文学的芳香を消し去るもので到底受け入れがたいとの声もありますが、時代の流れに押し寄られた形になってしまうのは、生きた言語としての宿命みたいなものがあるのも受け入れざるをえない事実です。

ドイツ語はサッカーファンの間ではバイエルン・ミュンヘンとかヘルダーベルリン、シャルケ、ハンブルガーFCなどのチーム名と関連して響きが魅力ある言語のようです。

ドイツ語は英語と構造的に共通しているところはかなりありますが、実は日本語との類似もかなりあると考えられる部分もかなりあります。ドイツ語が日本語と似通っていると思い当たる点は、それはドイツ語の語順の自由性がその理由のように思います。

ドイツ語の発音で難しいのはMuseum(ムゼウム)など音節の切れ目がいくつか考えられる場合ですが、あとは混乱はほとんどないと言ってよいでしょう。

ドイツ語には日本語になった時にもともとの意味とずれてしまったものもあります。代表格がアルバイトというもともとはドイツ語の言葉、最近はバイトで定着していますが、アルバイトはもともとドイツ語の「仕事」「働く」を意味する、Arbeit arbeiten から日本語になったものです。ちなみにドイツ語ではバイトはアルバイトでは通じません。英語のpart-time jobを外来語として使っています。変な現象ですね!

ドイツ語が話されているのはドイツ本家のほかに、オーストリアとスイスの一部地域で公用語となっています。

ドイツ語の学習を進めていくと、結構ドイツ語は英語とは違い日本語の仕組みに通ずるものがあり、感覚的な近さを感じます。ドイツ語をはじめようと思う理由は、中学校からの英語とは違い、何か自主的なキッカケがあるはずですよね。ドイツ語の発音は日本人に取っては簡単で、カタカナ表記をそのまま読んでも楽に通じます。ドイツ語では動詞の否定表現の場合、否定のnichtは文末に来ることが多く、これは英語の否定表現とは明らかに語順が違い、日本語のような枠構造になります。「私は行かない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't go." "Ich gehe nicht." となり、「私は~しない。」という否定文では、ドイツ語と日本語では最後に否定の意味が述べられるという共通点があります。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ho49p0kl

Author:ho49p0kl
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR