ドイツ語マスター・契機と発展

ドイツ語は、内田篤人や大迫勇也など、日本人Jリーガーのブンデスリーガ移籍などで注目され人気が高まることもあるようです。

ドイツ語をやってみようと思い立った人は、誰でも中学校で学ぶ英語の場合とは違い、何か自主的なものがありますよね。ドイツ語の学習を続けていると、ドイツ語は意外にも英語にはない日本語的な思考回路の作用があり、非常に親しみを感じてくるようになります。

ドイツ語には日本語として独自の発展をして、元来の意味からはずれてしまっているものもリます。代表格がアルバイトというもともとはドイツ語の言葉、最近はバイトで定着していますが、アルバイトはドイツ語では「職業」「仕事」を意味するArbeitから派生した日本語の外来語です。ちなみにドイツ本国では、バイトのことは、part-time job と英語を使います。面白いですねドイツ語の発音で難しいのはö(オーウムラウト)ですが、これは「Oの変音」と言う名前の通り、オーと言った口の形でエーと発音するおとです。カタカナだと「エー」と表記します。Öl [エール] oil Vögel[フェーゲル] Vogel (鳥)の複数形などです。



ドイツ語の発音はほぼローマ字読みで対応できます。発音もカタカナで表記できて、読み方も問題ありません。しかしドイツ語には英語では簡略化されている格変化というややこしい活用形がありますから、ちょっと面倒ですよね。

ドイツ語が日本語に似ていると感じる点は、それはドイツ語の独自の語順の原則がその理由のように思います。

ドイツ語は英語と近いと感じる部分は数多いですが、実は日本語的な要素が多いと感じる部分も多いのです。ドイツ語では動詞の否定を表す場合、否定形は文末に置かれることが多く、これは英語の否定形との語順とは明らかに異なり、日本語に近い感じになります。「私はタバコを吸わない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't smoke." "Ich rauche nicht." となり、「私は~しない。」という否定の言葉がドイツ語と日本語では最後になると云う共通点があります。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ho49p0kl

Author:ho49p0kl
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR