ドイツ語攻略・伝統と革新

ドイツ語は最近若い人の間でもプチブームが起きているようです。ドイツのブンデスリーガに移籍するJリーガーファンにもドイツ語を勉強している人がいるようです。

ドイツ語の母音もアイウエオが基本なので英語と違って楽勝です。

ドイツ語では動詞を否定する場合、否定語は文末に持ってゆくことが多く、これは英語の否定表現とは明らかに語順が違い、日本語のような枠構造になります。「私はタバコを吸わない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't smoke." "Ich rauche nicht." となり、「私は~しない。」という否定文では、ドイツ語と日本語では最後に否定の意味が述べられるという共通点があります。

ドイツ語は英語と構造的に共通しているところは数多いですが、実は日本語的な要素が多いと改めて感じることも少なくありません。ドイツ語には日本語として独自の発展をして、元来の意味からはずれてしまっているものもリます。代表選手がアルバイトというドイツ語、この頃ではバイトというのが普通ですが、アルバイトはもともとドイツ語の「仕事」「働く」を意味する、Arbeit arbeiten から日本語になったものです。このドイツ語のArbeitには日本語のバイトの意味はありません。バイトに当たるドイツ語は一般的には存在しません。ドイツ語を学習して、ドイツ語になれてくると、ドイツ語には英語にはない特別な日本語の漢字・かな的な発想があり、非常に親しみを感じてくるようになります。

ドイツ語をはじめようと思う理由は、中学校義務教育での強制的英語学習とは違い何か自主的なものがあるはずですね。ドイツ語学習の最後の砦は接続法の第1式です、第2式は英語の仮定法にあたり覚えやすいのですが、第1式はドイツ語独特の間接話法の表現でちょっと面倒です。

ドイツ語が話されているのはドイツではもちろんですが、ウィーンのあるオーストリアや首都ベルンを含むスイスなどの共通語でもあります。

ドイツ語が日本語と類似していると思ってしまうところは、それはドイツ語の独特の倒置法が影響していると考えられます。

ドイツ語の発音はカタカナ読みでほぼ完全と言っていいほどに対応できます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ho49p0kl

Author:ho49p0kl
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR