最新ドイツ語教材情報

ドイツ語の発音はほぼローマ字読みで対応できます。発音もカタカナで表記できて、読み方も問題ありません。ドイツ語は英語との類似点は多くありますが、実は日本語とも構造的に似ていると考えられる部分もかなりあります。ドイツ語は外来語として定着しているものもありますが、日本独特の呼び方になってしまっているものもあります。もわりと多いですが日本語として独自の発展をして、元来の意味からはずれてしまっているものもリます。ガスボンベと言うのはもともとドイツ語ですが、本来はガス爆弾の意味で、この語の場合は間違って定着した言葉ですね。ドイツ語ではガスタンクというのが本来です。ドイツ人にタクシーのトランクにある燃料容器を「ガスボンベ」と説明し大笑いされたことがあります。

ドイツ語はドイツ本国だけでなく、オーストリアとスイスの一部地域で公用語となっています。

ドイツ語学習の最後の砦は接続法の第1式です、第2式は英語の仮定法にあたり覚えやすいのですが、第1式はドイツ語独特の間接話法の表現でちょっと面倒です。

ドイツ語はクラシック音楽ファンにはわりと親近感のある言葉ですし、オペラ作品などもドイツ語のものが多いのですね、モーツァルトが代表的です。

ドイツ語の学習を続けていると、ドイツ語は意外にも英語にはない日本語の漢字・かな的な発想を発見します。ドイツ語の発音で難しいのはö(オーウムラウト)ですが、これは「Oの変音」と言う名前の通り、オーと言った口の形でエーと発音するおとです。カタカナだと「エー」と表記します。Öl [エール] oil Vögel[フェーゲル] Vogel (鳥)の複数形などです。

ドイツ語では否定表現の場合、否定を表す言葉は最後に来ることが多く、これは英語のnotとドイツ語のnichtの使われる位置に明らかな相違が見られ、日本語に近くなります。「私はタバコを吸わない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't smoke." "Ich rauche nicht." となり、「私は~しない。」という否定の枠構造が、ドイツ語と日本語では同じ語順になると云う共通点があります。

ドイツ語が日本語に通じると気づく点は、それはドイツ語の独自の語順の原則がその理由のように思います。

ドイツ語を学ぼうとする人は、ドイツ語のどんなところに惹かれたのでしょうか。ドイツ哲学やドイツ文学に魅せられて、原語で是非その文献を読みたいと考えたからという人も多くいるようです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ho49p0kl

Author:ho49p0kl
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR