ドイツ語学習・暗雲と青空

ドイツ語は英語と近いと感じる部分は数多いですが、実は日本語との類似もかなりあると思われることも多いですね。ドイツ語の学習をはじめる理由は人それぞれです。ホームステイのホストファミリーを務め、ドイツからの少年合唱団のメンバーを受け入れたことが契機となることもあるでしょう。ドイツ語を学習して、ドイツ語になれてくると、結構ドイツ語は英語とは違い日本語のような感覚が存在していることに驚きます。ドイツ語で難しいのは変母音äöüですがエ、エ、ユで間に合いますので面白いくらい簡単です。

ドイツ語が日本語と類似していると気づく点は、それはドイツ語の語順の流動性が日本語に通じるものがあると捉えられるからです。

ドイツ語の発音は日本人に取っては簡単で、カタカナ表記をそのまま読んでも楽に通じます。ドイツ語では否定文を作る場合、否定詞は最後に来ることが多く、これは英語の否定表現とは明らかに語順が違い、日本語のような枠構造になります。「私は行かない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't go." "Ich gehe nicht." となり、「私は~しない。」という否定文では、ドイツ語と日本語では最後に否定の意味が述べられるという共通点があります。

ドイツ語はドイツ連邦共和国だけでなく、ハプスブルク家のオーストリア、チューリッヒ、ベルンなどを含むスイス等の周辺で使われている言語です。



英語はフランス語の名詞を多く取り入れ、かなり言語として進化しているので、現在に至るまでにドイツ語とはかなりかけ離れてしまいました。

ドイツ語には日本語として定着しているけど本来の意味はちょっとずれてしまっているものもあります。代表格がアルバイトというもともとはドイツ語の言葉、最近はバイトで定着していますが、ドイツ語の「仕事 Arbeit」 「働く arbeiten」が日本語になったものです。ドイツ語圏でもアルバイト、いわゆるバイトはあります。ではどういう風に呼ばれているかというと、part-time jobと英語を使っているんです。なんかおかしいですね。ドイツ語はオペラ・ファンにはイタリア語と並んで親近感のある言葉ですし、オペラ作品などもドイツ語のものが多いのですね、モーツァルトの作品等がドイツ語オペラの代表的です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ho49p0kl

Author:ho49p0kl
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR