ドイツ語・苦楽と歓喜

ドイツ語の学習が進んで行くと、ドイツ語は意外にも英語にはない日本語のような感覚があることに気づきます。ドイツ語で難しいのは変母音äöüですがエ、エ、ユで間に合いますので面白いくらい簡単です。

ドイツ語には日本語になっているけど元の意味はちょっと違うというものもあります。代表的なのがアルバイト、もっとも最近ではバイトと言ったほうが通じやすいですが、ドイツ語の「仕事 Arbeit」 「働く arbeiten」が日本語になったものです。このドイツ語のArbeitには日本語のバイトの意味はありません。バイトに当たるドイツ語は一般的には存在しません。ドイツ語学習の最後の砦は接続法の第1式です、第2式は英語の仮定法にあたり覚えやすいのですが、第1式はドイツ語独特の間接話法の表現でちょっと面倒です。

ドイツ語はメルセデス・ベンツ、BMV、フォルクス・ワーゲン、オペルなど高級外車のイメージにも関連して、モータースポーツなどでも主流の言語ですね。

ドイツ語は英語よりも、我々には馴染みやすいところがあります。

ドイツ語はまた発音も日本語に近い母音なので、響きも日本語的に感じる場合も多いです。ドイツ語が使われているのはドイツとウィーンのあるオーストリアや首都ベルンを含むスイスなどの一帯で話されています。

ドイツ語では動詞を否定する場合、否定語は文末に持ってゆくことが多く、これは英語の否定形との語順とは明らかに異なり、日本語に近い感じになります。「私はそれが好きではない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't like it." "Ich mag es nicht." となり、「私は~しない。」という否定の表現がドイツ語と日本語では最後に置かれるという共通点があります。

ドイツ語をはじめようと思った人は、ドイツ語が背景となっている、あるものに関心を持ったからかもしれません。ドイツ語が日本語と類似していると思う点は、それはドイツ語の語順の流動性が少なからず係りを持っていると考えられます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ho49p0kl

Author:ho49p0kl
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR