ドイツ語マスター・日本人の利点



ドイツ語の発音もとてもカンタンです。覚えるに要する時間は2時間くらいで十分です。フランス語の発音は20時間かけても一気に覚えるのは難しいですので、ドイツ語は日本人に向いていると言えます。ドイツ語はある段階までは各変化や活用もわりと覚えやすいので進行も早く学習できると思います。

ドイツ語で難しいのは変母音äöüですがエ、エ、ユで間に合いますので面白いくらい簡単です。

ドイツ語を話す地域はドイツとウィーンのあるオーストリアや首都ベルンを含むスイスなどで公用語となっています。



ドイツ語をはじめようと思う理由は、中学校からの英語とは違い、なにかその人の思い入れみたいなものがあるはずですよね。ドイツ語には日本語になっているけど元の意味はちょっと違うというものもあります。代表格がアルバイトというもともとはドイツ語の言葉、最近はバイトで定着していますが、アルバイトはドイツ語では「職業」「仕事」を意味するArbeitから派生した日本語の外来語です。ちなみにドイツ語ではバイトはアルバイトでは通じません。英語のpart-time jobを外来語として使っています。変な現象ですね!ドイツ語が日本語に通じると思ってしまうところは、それはドイツ語独特の定動詞第二位の原則がおおいに影響していると思われます。

ドイツ語の学習が進んで行くと、ドイツ語には英語にはない特別な日本語のような感覚があることに気づきます。ドイツ語では否定表現の場合、否定を表す言葉は最後に来ることが多く、これは英語の動詞の否定の仕方とは明らかに異なり、日本語のような思考の流れになります。「私は彼女を愛していない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't love her." "Ich liebe sie nicht." となり、「私は~しない。」という否定の表現がドイツ語と日本語では最後に置かれるという共通点があります。

ドイツ語は英語よりも、日本語を使う私達にはわかりやすい局面があります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ho49p0kl

Author:ho49p0kl
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR