親しめるドイツ語攻略

ドイツ語をやってみようと思い立った人は、中学校で強制的に始める英語とはちがって、何か自主的な動機がありますよね。ドイツ語は外来語として定着しているものもありますが、日本独特の呼び方になってしまっているものもあります。もわりと多いですが日本語として独自の発展をして、元来の意味からはずれてしまっているものもリます。有名なのがアルバイトという言葉、最近は略してバイトが普通ですが、ドイツ語の「仕事 Arbeit」 「働く arbeiten」が日本語になったものです。ちなみにドイツ語ではバイトはアルバイトでは通じません。英語のpart-time jobを外来語として使っています。変な現象ですね!ドイツ語では否定文を作る場合、否定詞は最後に来ることが多く、これは英語の否定表現とは明らかに語順が違い、日本語のような枠構造になります。「私はその本を読まない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't read the book." "Ich lese das Buch nicht." となり、「私は~しない。」という否定の枠構造が、ドイツ語と日本語では同じ語順になると云う共通点があります。

ドイツ語は英語との類似点は多数ありますが、実は日本語ともかなり近いと思わせる部分も多いです。ドイツ語はドイツ連邦共和国だけでなく、ハプスブルク家のオーストリア、チューリッヒ、ベルンなどを含むスイス等の周辺で使われている言語です。

ドイツ語の学習を続けていると、結構ドイツ語は英語とは違い日本語の仕組みに通ずるものを発見します。ドイツ語が日本語に通じると感じる点は、それはドイツ語の独特の倒置法が少なからず係りを持っていると考えられます。

ドイツ語学習の最後の砦は接続法の第1式です、第2式は英語の仮定法にあたり覚えやすいのですが、第1式はドイツ語独特の間接話法の表現でちょっと面倒です。



ドイツ語の発音もとてもカンタンです。覚えるに要する時間は2時間くらいで十分です。フランス語の発音は20時間かけても一気に覚えるのは難しいですので、ドイツ語は日本人に向いていると言えます。ドイツ語は最近若い人の間でもプチブームが起きているようです。ドイツのブンデスリーガに移籍するJリーガーファンにもドイツ語を勉強している人がいるようです。

ドイツ語の母音もアイウエオが基本なので英語と違って楽勝です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ho49p0kl

Author:ho49p0kl
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR