ドイツ語教材・簡易さと困難



ドイツ語が日本語と似通っていると思い当たる点は、それはドイツ語の独自の語順の原則が日本語に通じるものがあると捉えられるからです。

ドイツ語は英語に比べると、日本人にとっては親しみやすい一面があります。ドイツ語には日本語になった時にもともとの意味とずれてしまったものもあります。有名なのがアルバイトという言葉、最近は略してバイトが普通ですが、アルバイトはもともとドイツ語の「仕事」「働く」を意味する、Arbeit arbeiten から日本語になったものです。ちなみにドイツ語ではバイトはアルバイトでは通じません。英語のpart-time jobを外来語として使っています。変な現象ですね!ドイツ語を話す地域はドイツ連邦共和国だけでなく、ウィーンのあるオーストリアや首都ベルンを含むスイスなどの公用語でもあります。

ドイツ語を学習して、ドイツ語になれてくると、結構ドイツ語は英語とは違い日本語の仕組みに通ずるものを発見します。ドイツ語は割と楽に取り組めます。格変化はちょっとややこしいかもしれませんけどね。

ドイツ語の発音はほぼローマ字読みで対応できます。発音もカタカナで表記できて、読み方も問題ありません。

ドイツ語の発音で特徴的なのが、巻き舌のr(エる)の音ですが、若い人の間ではエるよりもエアと発音する傾向が強くなっています。

ドイツ語をやってみようと思い立った人は、誰でも中学校で学ぶ英語の場合とは違い、何か自主的なキッカケがあるはずですよね。ドイツ語はクラシック音楽ファンにはわりと親近感のある言葉ですし、オペラ作品などもドイツ語のものが多いのですね、モーツァルトが代表的です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ho49p0kl

Author:ho49p0kl
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR