ドイツ語マスター・停滞と突破

ドイツ語では動詞を否定する場合、否定語は文末に持ってゆくことが多く、これは英語のnotとドイツ語のnichtの使われる位置に明らかな相違が見られ、日本語に近くなります。「私は彼女を愛していない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't love her." "Ich liebe sie nicht." となり、「私は~しない。」という否定文では、ドイツ語と日本語では最後に否定の意味が述べられるという共通点があります。

ドイツ語には日本語として定着しているけど本来の意味はちょっとずれてしまっているものもあります。代表的なのがアルバイト、もっとも最近ではバイトと言ったほうが通じやすいですが、アルバイトはもともとドイツ語の「仕事」「働く」を意味する、Arbeit arbeiten から日本語になったものです。ドイツ語圏でもアルバイト、いわゆるバイトはあります。ではどういう風に呼ばれているかというと、part-time jobと英語を使っているんです。なんかおかしいですね。ドイツ語の学習を続けていると、ドイツ語には英語にはない特別な日本語的な面があり、感覚的な近さを感じます。ドイツ語が使われているのはドイツ本家のほかに、隣のオーストリアやスイスのドイツ語圏などの一帯で話されています。

ドイツ語が日本語と似通っていると感じる点は、それはドイツ語の語順の流動性がおおいに影響していると思われます。



ドイツ語の発音もとてもカンタンです。覚えるに要する時間は2時間くらいで十分です。フランス語の発音は20時間かけても一気に覚えるのは難しいですので、ドイツ語は日本人に向いていると言えます。ドイツ語をはじめようと考えている人は、何がきっかけでそういう思いになったのでしょうか。ドイツ語はメルセデス・ベンツ、BMV、フォルクス・ワーゲン、オペルなど高級外車のイメージにも関連して、モータースポーツなどでも主流の言語ですね。

ドイツ語の学習の第一の壁は冠詞、名詞、形容詞で起こる格変化かも知れません。慣れてくれば語感で判断できるようになるのですが...

例えばデンマークの首都コペンハーゲンは英語ではCopenhagen[コウペンヘイゲン]ですが、ドイツ語ではKopenhagen[コペンハーゲン]です。

ドイツ語は英語よりも、日本人にとっては馴染みやすい一面があります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ho49p0kl

Author:ho49p0kl
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR