ドイツ語習得の低い壁



ドイツ語はドイツ本家のほかに、オーストリア全土、スイスの一部地域、リヒテンシュタインなどの公用語でもあります。

ドイツ語は英語と比較すると、我々には共感できる側面があります。ドイツ語が日本語に近いと気づく点は、それはドイツ語の語順の自由性がその理由のように思います。

ドイツ語を学習して、ドイツ語になれてくると、ドイツ語には英語とは根本的に異なる日本語のような感覚があり、非常に親しみを感じてくるようになります。ドイツ語学習の最後の砦は接続法の第1式です、第2式は英語の仮定法にあたり覚えやすいのですが、第1式はドイツ語独特の間接話法の表現でちょっと面倒です。

ドイツ語の発音で特徴的なのが、巻き舌のr(エる)の音ですが、最近ではあまり大げさにやらなくなってきています。

ドイツ語では動詞の否定表現の場合、否定のnichtは文末に来ることが多く、これは英語のnotとドイツ語のnichtの使われる位置に明らかな相違が見られ、日本語に近くなります。「私は彼女を愛していない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't love her." "Ich liebe sie nicht." となり、「私は~しない。」という否定の表現がドイツ語と日本語では最後に置かれるという共通点があります。

ドイツ語の発音は日本人にとって簡単で、また日本語の発音もドイツ人にとって簡単というつながりがあります。ドイツ語をやってみようと思い立った人は、誰でも中学校で学ぶ英語の場合とは違い、何か自主的なものがありますよね。ドイツ語には日本語になった時にもともとの意味とずれてしまったものもあります。特に知られているのがアルバイトと言う単語、バイトといえば誰もがすぐに分かりますよね、ドイツ語の名詞 Arbeit(仕事)、動詞ではarbeiten(働く)が日本語化したものです。ではドイツ語ではアルバイトの意味の単語はあるのでしょうか、バイトに当たるドイツ語はありません。英語式にパートタイム・ジョブと呼んでいます。なんだかややこしいですね!ドイツ語は最近若い人の間でもプチブームが起きているようです。ドイツのブンデスリーガに移籍するJリーガーファンにもドイツ語を勉強している人がいるようです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ho49p0kl

Author:ho49p0kl
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR