ドイツ語教材・苦楽の極相

ドイツ語を母国語としているのはドイツではもちろんですが、ハプスブルク家のオーストリア、チューリッヒ、ベルンなどを含むスイス等の共通語でもあります。

ドイツ語の発音は日本人に取っては簡単で、カタカナ表記をそのまま読んでも楽に通じます。ドイツ語が日本語に通じると思ってしまうところは、それはドイツ語の独自の語順の原則がその理由のように思います。

ドイツ語には日本語になった時にもともとの意味とずれてしまったものもあります。代表格がアルバイトというもともとはドイツ語の言葉、最近はバイトで定着していますが、ドイツ語の「仕事 Arbeit」 「働く arbeiten」が日本語になったものです。ドイツ語圏でもアルバイト、いわゆるバイトはあります。ではどういう風に呼ばれているかというと、part-time jobと英語を使っているんです。なんかおかしいですね。ドイツ語はメルセデス・ベンツ、BMV、フォルクス・ワーゲン、オペルなど高級外車のイメージにも関連して、モータースポーツなどでも主流の言語ですね。

ドイツ語は割と楽に取り組めます。格変化はちょっとややこしいかもしれませんけどね。

ドイツ語の発音で難しいのはMuseum(ムゼウム)など音節の切れ目がいくつか考えられる場合ですが、あとは混乱はほとんどないと言ってよいでしょう。

ドイツ語の学習を進めていくと、ドイツ語には英語とは違う独特の日本語の漢字・かな的な発想があることに気づきます。ドイツ語では否定文を作る場合、否定詞は最後に来ることが多く、これは英語の否定形との語順とは明らかに異なり、日本語に近い感じになります。「私はそれが好きではない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't like it." "Ich mag es nicht." となり、「私は~しない。」という否定の枠構造が、ドイツ語と日本語では同じ語順になると云う共通点があります。



ドイツ語は英語よりも、日本人にとっては馴染みやすい局面があります。ドイツ語をはじめようと思う理由は、義務教育ではじめる英語学習とは根本的に異なる、何か自主的なものがありますよね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ho49p0kl

Author:ho49p0kl
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR