ドイツ語学習・啓発と啓蒙

ドイツ語の学習を続けていると、結構ドイツ語は英語とは違い日本語の仕組みに通ずるものがあり、非常に親しみを感じてくるようになります。ドイツ語では動詞を否定する場合、否定語は文末に持ってゆくことが多く、これは英語の動詞の否定の仕方とは明らかに異なり、日本語のような思考の流れになります。「私はその本を読まない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't read the book." "Ich lese das Buch nicht." となり、「私は~しない。」という否定の言葉がドイツ語と日本語では最後になると云う共通点があります。



ドイツ語の発音で特徴的なのが、巻き舌のr(エる)の音ですが、若い人の間ではエるよりもエアと発音する傾向が強くなっています。

風潮としてドイツ語は、香川真司や長谷部誠など、日本人Jリーガーのブンデスリーガ移籍などで脚光を浴びることもあるようです。



ドイツ語の学習の第一の壁は冠詞、名詞、形容詞で起こる格変化かも知れません。慣れてくれば語感で判断できるようになるのですが...

ドイツ語は英語に似ているところもかなりありますが、実は日本語とも構造的に似ていると考えられる部分もかなりあります。ドイツ語の発音は日本人にとって簡単で、また日本語の発音もドイツ人にとって簡単というつながりがあります。ドイツ語には日本語になっているけど元の意味はちょっと違うというものもあります。ガスボンベは日本語になっているドイツ語ですが、本来はガス爆弾のことです(笑)。ドイツ語ではこの場合、ガスタンクといいます。外来語としては意味がずれて使われるようになってしまった例ですね。ドイツ語をやってみようと思い立った人は、義務教育ではじめる英語学習とは根本的に異なる、なにかその人の自主性が感じられますよね。ドイツ語が日本語と類似していると思い当たる点は、それはドイツ語独特の定動詞第二位の原則が影響していると考えられます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ho49p0kl

Author:ho49p0kl
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR