ドイツ語・苦楽の極相

ドイツ語の学習を進めていくと、ドイツ語には英語とは違う独特の日本語のような感覚があり、感覚的な近さを感じます。ドイツ語の母音もアイウエオが基本なので英語と違って楽勝です。

ドイツ語では否定文を作る場合、否定詞は最後に来ることが多く、これは英語の動詞の否定の仕方とは明らかに異なり、日本語のような思考の流れになります。「私は彼女を愛していない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't love her." "Ich liebe sie nicht." となり、「私は~しない。」という否定の表現がドイツ語と日本語では最後に置かれるという共通点があります。

ドイツ語には日本語として定着しているけど本来の意味はちょっとずれてしまっているものもあります。有名なのがアルバイトという言葉、最近は略してバイトが普通ですが、ドイツ語の名詞 Arbeit(仕事)、動詞ではarbeiten(働く)が日本語化したものです。このドイツ語のArbeitには日本語のバイトの意味はありません。バイトに当たるドイツ語は一般的には存在しません。ドイツ語の発音はほぼローマ字読みで対応できます。二重母音に特殊なでも覚えやすい音がありますが問題ありません。ドイツ語をはじめようと決心した人は、何がきっかけでそういう思いになったのでしょうか。ドイツ語が使われているのはドイツ本国だけでなく、オーストリア全土、スイスの一部地域、リヒテンシュタインなどの公用語でもあります。

ドイツ語は英語とは同族の言語であると認識させられる点は数多いですが、実は日本語ともかなり近いと感じる部分も多いのです。

ドイツ語が日本語と類似していると思ってしまうところは、それはドイツ語の独特の倒置法がおおいに影響していると思われます。

ドイツ語の学習の第一の壁は名詞の性かも知れません。男性、女性に加えて中性名詞というのもありますが、かえって中性名詞があることでフランス語にはない合理性も感じるはずです。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ho49p0kl

Author:ho49p0kl
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR