ドイツ語攻略・前進と停滞

ドイツ語の発音もとてもカンタンです。覚えるに要する時間は2時間くらいで十分です。フランス語の発音は20時間かけても一気に覚えるのは難しいですので、ドイツ語は日本人に向いていると言えます。ドイツ語はメルセデス・ベンツ、BMV、フォルクス・ワーゲン、オペルなど高級外車のイメージがあり、重厚で厳格な響きが好まれてもいます。

ドイツ語が日本語に通じると思う点は、それはドイツ語の語順の自由性が影響していると考えられます。



ドイツ語の発音で特徴的なのが、巻き舌のr(エる)の音ですが、最近ではあまり大げさにやらなくなってきています。

ドイツ語をはじめようと決心した人は、義務教育ではじめる英語学習とは根本的に異なる、なにかその人の自主性が感じられますよね。ドイツ語を学習して、ドイツ語になれてくると、ドイツ語には英語とは根本的に異なる日本語の漢字・かな的な発想があることに気づきます。ドイツ語は英語にはない、日本人には理解しやすい側面があります。ドイツ語を母国語としているのはドイツ連邦共和国だけでなく、オーストリアとスイスの一部地域で公用語となっています。

ドイツ語には日本語として独自の発展をして、元来の意味からはずれてしまっているものもリます。ガスボンベはドイツ語ではガス爆弾という意味になるのですが、日本の家庭にはそんな物騒なものはありませんよね。ドイツ語的に言えばカートリッジ式ガスタンクとなるでしょうか。この語の場合は間違って定着した言葉ですね。ドイツ語では動詞の否定表現の場合、否定のnichtは文末に来ることが多く、これは英語の否定形との語順とは明らかに異なり、日本語に近い感じになります。「私はその本を読まない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't read the book." "Ich lese das Buch nicht." となり、「私は~しない。」という否定の文章では、ドイツ語と日本語では最後に否定の意味が表される共通点があります。

しかしドイツ語には英語ではすでにほとんど退化してしまっている形容詞や名詞の格変化というややこしい規則がありますから、最初のうちはちょっと面倒ですよね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ho49p0kl

Author:ho49p0kl
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR