ドイツ語学習・速習と効率

ドイツの都市というとすぐに思いつくのはどこでしょうか。ドルトムント、ウォルフスブルク、マインツ、デュッセルドルフですか、結構マニアックですね、ブンデスリーガ絡みですね。風潮としてドイツ語は、元浦和レッズの細貝萌や原口元気など、日本人Jリーガーのブンデスリーガ移籍などで注目される場合もあるようです。

ドイツ語はまた発音も日本語に近い母音なので、響きも日本語的に感じる場合も多いです。ドイツ語は英語にはない、日本語を使う私達にはわかりやすい一面があります。しかしドイツ語には英語ではすでにほとんど退化してしまっている形容詞や名詞の格変化というややこしい規則がありますから、最初のうちはちょっと面倒ですよね。

ドイツ語には日本語として定着しているけど本来の意味はちょっとずれてしまっているものもあります。ガスボンベはドイツ語由来の言葉ですが、ドイツ語ではボンベは爆弾のことです。ドイツ語的に言えばカートリッジ式ガスタンクとなるでしょうか。この語の場合は間違って定着した言葉ですね。ドイツ語では動詞の否定を表す場合、否定形は文末に置かれることが多く、これは英語の否定表現とは明らかに語順が違い、日本語のような枠構造になります。「私はその本を読まない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't read the book." "Ich lese das Buch nicht." となり、「私は~しない。」という否定の文章では、ドイツ語と日本語では最後に否定の意味が表される共通点があります。



ドイツ語にだいぶ慣れてくると、ドイツ語は意外にも英語にはない日本語のような感覚があり、感覚的な近さを感じます。ドイツ語が日本語に似ていると気づく点は、それはドイツ語の語順の流動性が少なからず係りを持っていると考えられます。

例えばデンマークの首都コペンハーゲンは英語ではCopenhagen[コウペンヘイゲン]ですが、ドイツ語ではKopenhagen[コペンハーゲン]です。

ドイツ語はサッカーファンの間ではバイエルン・ミュンヘンとかヘルダーベルリン、シャルケ、ハンブルガーFCなどのチーム名と関連して響きが魅力ある言語のようです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ho49p0kl

Author:ho49p0kl
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR