ドイツ語マスター・前進と停滞

ドイツ語の学習が進んで行くと、ドイツ語には英語とは違う独特の日本語のような感覚を発見します。ドイツ語では動詞の否定を表す場合、否定形は文末に置かれることが多く、これは英語におけるnotの文法的な用法とは明らかに異なり、日本語的な言語の枠組みが見られます。「私はその本を読まない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't read the book." "Ich lese das Buch nicht." となり、「私は~しない。」という否定の言葉がドイツ語と日本語では最後になると云う共通点があります。

ドイツ語は英語と構造的に共通しているところはかなりありますが、実は日本語ともかなり近いと考えられる部分もかなりあります。

ドイツ語には日本語として定着しているけど本来の意味はちょっとずれてしまっているものもあります。有名なのがアルバイトという言葉、最近は略してバイトが普通ですが、ドイツ語の「仕事 Arbeit」 「働く arbeiten」が日本語になったものです。このドイツ語のArbeitには日本語のバイトの意味はありません。バイトに当たるドイツ語は一般的には存在しません。ドイツ語が日本語と類似していると気づく点は、それはドイツ語の独自の語順の原則が影響していると考えられます。

ドイツ語の発音はカタカナ読みでほぼ完全と言っていいほどに対応できます。英語はフランス語の名詞を多く取り入れ、かなり言語として進化しているので、ある遺伝子を除いてはドイツ語とは別の言語のようになっています。

ドイツ語はドイツ本国だけでなく、隣のオーストリアやスイスのドイツ語圏などの共通語でもあります。

ドイツ語の学習をはじめる理由は人それぞれです。クラシック音楽が好きになり、その背景にあるドイツ語にも興味を抱くようになることもありますね。ドイツ語で難しいのは変母音äöüですがエ、エ、ユで間に合いますので面白いくらい簡単です。

ドイツ語はサッカーファンの間ではバイエルン・ミュンヘンとか1FCケルン、シャルケ、ドルトムントなどのチーム名と関連して響きが魅力ある言語のようです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ho49p0kl

Author:ho49p0kl
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR