ドイツ語教材・ポイントと注意点



ドイツ語を母国語としているのはドイツ本家のほかに、オーストリア全土、スイスの一部地域、リヒテンシュタインなどで公用語となっています。

英語はフランス語の名詞を多く取り入れ、かなり言語として進化しているので、ある遺伝子を除いてはドイツ語とは別の言語のようになっています。

ドイツ語の発音で特徴的なのが、巻き舌のr(エる)の音ですが、若い人の間ではエるよりもエアと発音する傾向が強くなっています。

ドイツ語は外来語として定着しているものもありますが、日本独特の呼び方になってしまっているものもあります。もわりと多いですが日本語として独自の発展をして、元来の意味からはずれてしまっているものもリます。ガスボンベはドイツ語ではガス爆弾という意味になるのですが、日本の家庭にはそんな物騒なものはありませんよね。ドイツ語的に言えばカートリッジ式ガスタンクとなるでしょうか。この語の場合は間違って定着した言葉ですね。ドイツ語の学習を続けていると、結構ドイツ語は英語とは違い日本語的な思考回路の作用があることに気づきます。ドイツ語では動詞の否定を表す場合、否定形は文末に置かれることが多く、これは英語の否定表現とは明らかに語順が違い、日本語のような枠構造になります。「私はそれが好きではない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't like it." "Ich mag es nicht." となり、「私は~しない。」という否定の枠構造が、ドイツ語と日本語では同じ語順になると云う共通点があります。

ドイツ語をはじめようと思うに至るには、中学校で学び始める英語とは違い、何か自主的な動機がありますよね。ドイツ語は英語と近いと感じる部分は数多いですが、実は日本語に似ていると思わせる部分も多いです。ドイツ語が日本語に近いと感じる点は、それはドイツ語の独特の倒置法が影響していると考えられます。

ドイツ語はもともと学術的な言葉として日本には定着しています、昔は病院のカルテはすべてドイツ語で書かれていました、だから医学生には必修の言葉だったのです。

ドイツ語の発音はほぼローマ字読みで対応できます。発音もカタカナで表記できて、読み方も問題ありません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ho49p0kl

Author:ho49p0kl
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR