ドイツ語学習の極意

ドイツ語が日本語に似ていると気づく点は、それはドイツ語の独自の語順の原則が少なからず係りを持っていると考えられます。

ドイツ語が英語と違って面倒だと感じてしまうのは、格変化で名詞だけでなく形容詞までも変化するところでしょうか、冠詞類+形容詞+名詞類(3つの性)が最大の難関かもしれませんね。

ドイツ語の発音はカタカナ読みでほぼ完全と言っていいほどに対応できます。

ドイツ語では動詞を否定する場合、否定語は文末に持ってゆくことが多く、これは英語におけるnotの文法的な用法とは明らかに異なり、日本語的な言語の枠組みが見られます。「私はタバコを吸わない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't smoke." "Ich rauche nicht." となり、「私は~しない。」という否定の文章では、ドイツ語と日本語では最後に否定の意味が表される共通点があります。

ドイツ語の発音で特徴的なのが、巻き舌のr(エる)の音ですが、若い人の間ではエるよりもエアと発音する傾向が強くなっています。

ドイツ語には日本語として独自の発展をして、元来の意味からはずれてしまっているものもリます。代表格がアルバイトというもともとはドイツ語の言葉、最近はバイトで定着していますが、アルバイトはもともとドイツ語の「仕事」「働く」を意味する、Arbeit arbeiten から日本語になったものです。ではドイツ語ではアルバイトの意味の単語はあるのでしょうか、バイトに当たるドイツ語はありません。英語式にパートタイム・ジョブと呼んでいます。なんだかややこしいですね!ドイツ語は英語よりも、私たち日本人には親しみやすい一面があります。ドイツ語を学習して、ドイツ語になれてくると、ドイツ語には英語とは根本的に異なる日本語的な思考回路の作用が存在していることに驚きます。ドイツ語が使われているのはドイツ本家のほかに、隣のオーストリアやスイスのドイツ語圏などの公用語でもあります。



ドイツ語をはじめようと決心した人は、ドイツ語が背景となっている、あるものに関心を持ったからかもしれません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ho49p0kl

Author:ho49p0kl
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR