簡単なドイツ語マスター

ドイツ語の学習が進んで行くと、ドイツ語には英語とは違う独特の日本語の漢字・かな的な発想があることに気づきます。ドイツ語の学習をはじめる理由は人それぞれです。大学の第2外国語でのドイツ語がはじめてという人もいるでしょう。ドイツ語が話されているのはドイツと隣のオーストリアやスイスのドイツ語圏などで公用語となっています。

ドイツ語の母音もアイウエオが基本なので英語と違って楽勝です。

ドイツ語には日本語になっているけど元の意味はちょっと違うというものもあります。代表的なのがアルバイト、もっとも最近ではバイトと言ったほうが通じやすいですが、アルバイトはドイツ語では「職業」「仕事」を意味するArbeitから派生した日本語の外来語です。このドイツ語のArbeitには日本語のバイトの意味はありません。バイトに当たるドイツ語は一般的には存在しません。ドイツ語では否定文を作る場合、否定詞は最後に来ることが多く、これは英語の否定表現とは明らかに語順が違い、日本語のような枠構造になります。「私はタバコを吸わない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't smoke." "Ich rauche nicht." となり、「私は~しない。」という否定の表現がドイツ語と日本語では最後に置かれるという共通点があります。



ドイツ語はクラシック音楽ファンにはわりと親近感のある言葉ですし、オペラ作品などもドイツ語のものが多いのですね、モーツァルトが代表的です。

ドイツ語の発音は日本人にとって簡単で、また日本語の発音もドイツ人にとって簡単というつながりがあります。ドイツ語が日本語に通じると思う点は、それはドイツ語独特の定動詞第二位の原則が少なからず係りを持っていると考えられます。

ドイツ語は英語にはない、日本人にとっては共感できる側面があります。ドイツ語は割と楽に取り組めます。格変化はちょっとややこしいかもしれませんけどね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ho49p0kl

Author:ho49p0kl
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR