ドイツ語攻略・効果と実践

英語はフランス語の名詞を多く取り入れ、かなり言語として進化しているので、ある遺伝子を除いてはドイツ語とは別の言語のようになっています。

ドイツ語は英語に似ているところも数多いですが、実は日本語的な要素が多いと思われることも多いですね。ドイツ語をはじめようと思うに至るには、中学校からの英語とは違い、何か自主的な動機がありますよね。ドイツ語には日本語になった時にもともとの意味とずれてしまったものもあります。ガスボンベはドイツ語由来の言葉ですが、ドイツ語ではボンベは爆弾のことです。ドイツ語ではガスタンクというのが本来です。この単語の場合は誤って使われ続けている言葉です。ドイツ語はドイツ連邦共和国だけでなく、ハプスブルク家のオーストリア、チューリッヒ、ベルンなどを含むスイス等で公用語となっています。

ドイツ語の発音はほぼローマ字読みで対応できます。二重母音に特殊なでも覚えやすい音がありますが問題ありません。ドイツ語を学習して、ドイツ語になれてくると、ドイツ語は意外にも英語にはない日本語の漢字・かな的な発想が存在していることに驚きます。ドイツ語はもともと学術的な言葉として日本には定着しています、昔は病院のカルテはすべてドイツ語で書かれていました、だから医学生には必修の言葉だったのです。

ドイツ語の発音で難しいのはMuseum(ムゼウム)など音節の切れ目がいくつか考えられる場合ですが、あとは混乱はほとんどないと言ってよいでしょう。

ドイツ語が日本語と類似していると思い当たる点は、それはドイツ語の語順の流動性が日本語に通じるものがあると捉えられるからです。

ドイツ語では否定文を作る場合、否定詞は最後に来ることが多く、これは英語の否定形との語順とは明らかに異なり、日本語に近い感じになります。「私は彼女を愛していない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't love her." "Ich liebe sie nicht." となり、「私は~しない。」という否定の文章では、ドイツ語と日本語では最後に否定の意味が表される共通点があります。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ho49p0kl

Author:ho49p0kl
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR