ドイツ語学習の極意

ドイツ語では否定文を作る場合、否定詞は最後に来ることが多く、これは英語の否定表現とは明らかに語順が違い、日本語のような枠構造になります。「私はタバコを吸わない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't smoke." "Ich rauche nicht." となり、「私は~しない。」という否定の文章では、ドイツ語と日本語では最後に否定の意味が表される共通点があります。

ドイツ語はドイツとウィーンのあるオーストリアや首都ベルンを含むスイスなどの周辺で使われている言語です。

ドイツ語は英語とは同族の言語であると認識させられる点はかなりありますが、実は日本語ともかなり近いと感じる部分も多いのです。

ドイツ語は外来語として定着しているものもありますが、日本独特の呼び方になってしまっているものもあります。もわりと多いですが日本語として独自の発展をして、元来の意味からはずれてしまっているものもリます。特に知られているのがアルバイトと言う単語、バイトといえば誰もがすぐに分かりますよね、ドイツ語の die Arbeit(仕事)、arbeiten(働く)から外来語として定着したものです。ちなみにドイツ本国では、バイトのことは、part-time job と英語を使います。面白いですねドイツ語をはじめる動機は単純に語学が好きだからという人はそんなには多くないと思います。ホームステイのホストファミリーを務め、ドイツからの少年合唱団のメンバーを受け入れたことが契機となることもあるでしょう。ドイツ語の発音は日本人にとって簡単で、また日本語の発音もドイツ人にとって簡単というつながりがあります。ドイツ語が英語と違って面倒だと感じてしまうのは、格変化で名詞だけでなく形容詞までも変化するところでしょうか、冠詞類+形容詞+名詞類(3つの性)が最大の難関かもしれませんね。

ドイツ語の学習が進んで行くと、結構ドイツ語は英語とは違い日本語的な思考回路の作用を発見します。

ドイツ語の発音で難しいのはö(オーウムラウト)ですが、これは「Oの変音」と言う名前の通り、オーと言った口の形でエーと発音するおとです。カタカナだと「エー」と表記します。Öl [エール] oil Vögel[フェーゲル] Vogel (鳥)の複数形などです。

ドイツ語が日本語に近いと気づく点は、それはドイツ語独特の定動詞第二位の原則が少なからず係りを持っていると考えられます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ho49p0kl

Author:ho49p0kl
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR