ドイツ語マスター・郷愁と異邦

ドイツ語には日本語として独自の発展をして、元来の意味からはずれてしまっているものもリます。有名なのがアルバイトという言葉、最近は略してバイトが普通ですが、アルバイトはドイツ語では「職業」「仕事」を意味するArbeitから派生した日本語の外来語です。ちなみにドイツ語ではバイトはアルバイトでは通じません。英語のpart-time jobを外来語として使っています。変な現象ですね!ドイツ語が日本語と類似していると気づく点は、それはドイツ語独特の定動詞第二位の原則がその理由のように思います。

ドイツ語では否定表現の場合、否定を表す言葉は最後に来ることが多く、これは英語の否定形との語順とは明らかに異なり、日本語に近い感じになります。「私はタバコを吸わない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't smoke." "Ich rauche nicht." となり、「私は~しない。」という否定文では、ドイツ語と日本語では最後に否定の意味が述べられるという共通点があります。

ドイツ語をはじめようと思うに至るには、中学校からの英語とは違い、何か自主的なキッカケがあるはずですよね。英語はフランス語の名詞を多く取り入れ、かなり言語として進化しているので、現在に至るまでにドイツ語とはかなりかけ離れてしまいました。

ドイツ語は英語に似ているところも多くありますが、実は日本語的な要素が多いと改めて感じることも少なくありません。ドイツ語の発音は日本人にとって簡単で、また日本語の発音もドイツ人にとって簡単というつながりがあります。

ドイツ語の発音で特徴的なのが、巻き舌のr(エる)の音ですが、若い人の間ではエるよりもエアと発音する傾向が強くなっています。

ドイツ語を学習して、ドイツ語になれてくると、結構ドイツ語は英語とは違い日本語のような感覚を発見します。

ドイツ語を話す地域はドイツではもちろんですが、ウィーンのあるオーストリアや首都ベルンを含むスイスなどの周辺で使われている言語です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ho49p0kl

Author:ho49p0kl
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR