ドイツ語習得・速習と効率

ドイツ語の発音は日本人にとって簡単で、また日本語の発音もドイツ人にとって簡単というつながりがあります。ドイツ語では否定文を作る場合、否定詞は最後に来ることが多く、これは英語の動詞の否定の仕方とは明らかに異なり、日本語のような思考の流れになります。「私はその本を読まない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't read the book." "Ich lese das Buch nicht." となり、「私は~しない。」という否定の表現がドイツ語と日本語では最後に置かれるという共通点があります。

ドイツ語はクラシック音楽ファンにはわりと親近感のある言葉ですし、オペラ作品などもドイツ語のものが多いのですね、モーツァルトが代表的です。

ドイツ語の学習が進んで行くと、ドイツ語は意外にも英語にはない日本語の仕組みに通ずるものが存在していることに驚きます。ドイツ語学習の最後の砦は接続法の第1式です、第2式は英語の仮定法にあたり覚えやすいのですが、第1式はドイツ語独特の間接話法の表現でちょっと面倒です。

ドイツ語が日本語に近いと思う点は、それはドイツ語の独自の語順の原則が少なからず係りを持っていると考えられます。

ドイツ語には日本語として定着しているけど本来の意味はちょっとずれてしまっているものもあります。代表格がアルバイトというもともとはドイツ語の言葉、最近はバイトで定着していますが、ドイツ語の名詞 Arbeit(仕事)、動詞ではarbeiten(働く)が日本語化したものです。ちなみにドイツ語ではバイトはアルバイトでは通じません。英語のpart-time jobを外来語として使っています。変な現象ですね!ドイツ語の母音もアイウエオが基本なので英語と違って楽勝です。

ドイツ語が使われているのはドイツ本国だけでなく、オーストリア全土、スイスの一部地域、リヒテンシュタインなどの共通語でもあります。



ドイツ語は英語と比較すると、私たち日本人には理解しやすい局面があります。ドイツ語をはじめようと決心した人は、誰でも中学校で学ぶ英語の場合とは違い、何か自主的なものがありますよね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ho49p0kl

Author:ho49p0kl
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR