ドイツ語教材への道

ドイツ語の発音はほぼローマ字読みで対応できます。発音もカタカナで表記できて、読み方も問題ありません。ドイツ語は英語に似ているところもかなりありますが、実は日本語ともかなり近いと考えられる部分もかなりあります。しかしドイツ語には英語では簡略化されている格変化というややこしい活用形がありますから、ちょっと面倒ですよね。

ドイツ語が使われているのはドイツとオーストリア全土、スイスの一部地域、リヒテンシュタインなどの共通語でもあります。

ドイツ語が日本語と似通っていると気づく点は、それはドイツ語の独特の倒置法が少なからず係りを持っていると考えられます。

ドイツ語はサッカーファンの間ではバイエルン・ミュンヘンとかヘルダーベルリン、シャルケ、ハンブルガーFCなどのチーム名と関連して響きが魅力ある言語のようです。

ドイツ語には日本語になった時にもともとの意味とずれてしまったものもあります。代表選手がアルバイトというドイツ語、この頃ではバイトというのが普通ですが、ドイツ語の die Arbeit(仕事)、arbeiten(働く)から外来語として定着したものです。ちなみにドイツ本国では、バイトのことは、part-time job と英語を使います。面白いですねドイツ語で難しいのは変母音äöüですがエ、エ、ユで間に合いますので面白いくらい簡単です。

ドイツ語の学習を始めるには、中学校で強制的に始める英語とはちがって、何か自主的なキッカケがあるはずですよね。

ドイツ語の学習を進めていくと、ドイツ語には英語にはない特別な日本語的な思考回路の作用があり、感覚的な近さを感じます。ドイツ語では動詞を否定する場合、否定語は文末に持ってゆくことが多く、これは英語の動詞の否定の仕方とは明らかに異なり、日本語のような思考の流れになります。「私はタバコを吸わない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't smoke." "Ich rauche nicht." となり、「私は~しない。」という否定の文章では、ドイツ語と日本語では最後に否定の意味が表される共通点があります。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ho49p0kl

Author:ho49p0kl
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR