ドイツ語マスター・理由と場合



ドイツ語の発音で特徴的なのが、巻き舌のr(エる)の音ですが、若い人の間ではエるよりもエアと発音する傾向が強くなっています。

ドイツ語の学習を進めていくと、ドイツ語には英語にはない特別な日本語のような感覚があり、非常に親しみを感じてくるようになります。ドイツ語には日本語になっているけど元の意味はちょっと違うというものもあります。ガスボンベはドイツ語由来の言葉ですが、ドイツ語ではボンベは爆弾のことです。ドイツ語ではガスタンクというのが本来です。これは明らかに勘違いされてしまった例ですね。ドイツ語は英語に似ているところも数多いですが、実は日本語に似ていると感じる部分も多いのです。ドイツ語の発音は日本人にとって簡単で、また日本語の発音もドイツ人にとって簡単というつながりがあります。ドイツ語を学ぼうとする人は、ドイツ語のどんなところに惹かれたのでしょうか。クラシック音楽が好きになり、その背景にあるドイツ語にも興味を抱くようになることもありますね。ドイツ語はメルセデス・ベンツ、BMV、フォルクス・ワーゲン、オペルなど高級外車のイメージがあり、重厚で厳格な響きが好まれてもいます。

ドイツ語では否定文を作る場合、否定詞は最後に来ることが多く、これは英語のnotとドイツ語のnichtの使われる位置に明らかな相違が見られ、日本語に近くなります。「私はそれが好きではない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't like it." "Ich mag es nicht." となり、「私は~しない。」という否定文では、ドイツ語と日本語では最後に否定の意味が述べられるという共通点があります。

ドイツ語が日本語と類似していると思う点は、それはドイツ語独特の定動詞第二位の原則がその理由のように思います。

ドイツ語を母国語としているのはドイツではもちろんですが、ハプスブルク家のオーストリア、チューリッヒ、ベルンなどを含むスイス等で公用語となっています。

ドイツ語はある段階までは各変化や活用もわりと覚えやすいので進行も早く学習できると思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ho49p0kl

Author:ho49p0kl
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR