ドイツ語攻略・直線と曲線

ドイツ語では否定表現の場合、否定を表す言葉は最後に来ることが多く、これは英語の否定表現とは明らかに語順が違い、日本語のような枠構造になります。「私は行かない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't go." "Ich gehe nicht." となり、「私は~しない。」という否定の文章では、ドイツ語と日本語では最後に否定の意味が表される共通点があります。

ドイツ語は英語に似ているところもかなりありますが、実は日本語との類似もかなりあると改めて感じることも少なくありません。ドイツ語を母国語としているのはドイツ本国だけでなく、ウィーンのあるオーストリアや首都ベルンを含むスイスなどの公用語でもあります。

ドイツ語の学習を進めていくと、ドイツ語には英語とは根本的に異なる日本語的な面があることに気づきます。ドイツ語をはじめようと思う理由は、誰でも中学校で学ぶ英語の場合とは違い、なにかその人の思い入れみたいなものがあるはずですよね。ドイツ語はある段階までは各変化や活用もわりと覚えやすいので進行も早く学習できると思います。

ドイツ語が日本語と類似していると思う点は、それはドイツ語の語順の自由性が日本語に通じるものがあると捉えられるからです。



ドイツ語の発音で特徴的なのが、巻き舌のr(エる)の音ですが、若い人の間ではエるよりもエアと発音する傾向が強くなっています。

ドイツ語はサッカーファンの間ではバイエルン・ミュンヘンとかヘルダーベルリン、シャルケ、ハンブルガーFCなどのチーム名と関連して響きが魅力ある言語のようです。

ドイツ語の発音はほぼローマ字読みで対応できます。二重母音に特殊なでも覚えやすい音がありますが問題ありません。ドイツ語には日本語になっているけど元の意味はちょっと違うというものもあります。ガスボンベはドイツ語由来の言葉ですが、ドイツ語ではボンベは爆弾のことです。ドイツ語ではガスタンクというのが本来です。この語の場合は間違って定着した言葉ですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ho49p0kl

Author:ho49p0kl
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR