ドイツ語教材・初歩で重要なこと

ドイツ語で難しいのは変母音äöüですがエ、エ、ユで間に合いますので面白いくらい簡単です。

ドイツ語は最近若い人の間でもプチブームが起きているようです。ドイツのブンデスリーガに移籍するJリーガーファンにもドイツ語を勉強している人がいるようです。

ドイツ語が話されているのはドイツ本家のほかに、隣のオーストリアやスイスのドイツ語圏などの周辺で使われている言語です。

ドイツ語は英語と比較すると、日本語を使う私達には親しみやすいところがあります。ドイツ語の発音はほぼローマ字読みで対応できます。二重母音に特殊なでも覚えやすい音がありますが問題ありません。ドイツ語を学習して、ドイツ語になれてくると、ドイツ語には英語とは違う独特の日本語の仕組みに通ずるものを発見します。

ドイツ語では動詞を否定する場合、否定語は文末に持ってゆくことが多く、これは英語のnotとドイツ語のnichtの使われる位置に明らかな相違が見られ、日本語に近くなります。「私はその本を読まない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't read the book." "Ich lese das Buch nicht." となり、「私は~しない。」という否定文では、ドイツ語と日本語では最後に否定の意味が述べられるという共通点があります。

ドイツ語には日本語になった時にもともとの意味とずれてしまったものもあります。ガス爆弾、これをドイツ語ではガスボンベと言いますが、この意味だと日本ではスーパーで爆弾が売られていることになります。ドイツ語では、ガスタンクがこれにあたります。この単語の場合は誤って使われ続けている言葉です。英語はフランス語の名詞を多く取り入れ、かなり言語として進化しているので、ある遺伝子を除いてはドイツ語とは別の言語のようになっています。

ドイツ語が日本語と類似していると思い当たる点は、それはドイツ語の語順の流動性がその理由のように思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ho49p0kl

Author:ho49p0kl
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR