ドイツ語学習・簡易と難易



ドイツ語と英語は親戚関係にあるので比較しながら学んでゆくというのも良い方法と考えられています。ドイツ語は、岡崎慎司や清武弘嗣など、日本人Jリーガーのブンデスリーガ移籍などで脚光を浴びることもあるようです。

例えばデンマークの首都コペンハーゲンは英語ではCopenhagen[コウペンヘイゲン]ですが、ドイツ語ではKopenhagen[コペンハーゲン]です。

ドイツ語を学習して、ドイツ語になれてくると、ドイツ語には英語にはない特別な日本語の漢字・かな的な発想が存在していることに驚きます。ドイツ語には日本語として定着しているけど本来の意味はちょっとずれてしまっているものもあります。代表格がアルバイトというもともとはドイツ語の言葉、最近はバイトで定着していますが、ドイツ語の名詞 Arbeit(仕事)、動詞ではarbeiten(働く)が日本語化したものです。このドイツ語のArbeitには日本語のバイトの意味はありません。バイトに当たるドイツ語は一般的には存在しません。ドイツ語はサッカーファンの間ではバイエルン・ミュンヘンとかヘルダーベルリン、シャルケ、ハンブルガーFCなどのチーム名と関連して響きが魅力ある言語のようです。

ドイツ語の発音はほぼローマ字読みで対応できます。発音もカタカナで表記できて、読み方も問題ありません。ドイツ語をはじめるきっかけは、人により様々だと思います。家族の転勤でドイツ語圏で暮らすことになったからという人もいるでしょう。ドイツ語では動詞の否定を表す場合、否定形は文末に置かれることが多く、これは英語のnotとドイツ語のnichtの使われる位置に明らかな相違が見られ、日本語に近くなります。「私はそれが好きではない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't like it." "Ich mag es nicht." となり、「私は~しない。」という否定の文章では、ドイツ語と日本語では最後に否定の意味が表される共通点があります。

ドイツ語が英語と違って面倒だと感じてしまうのは、格変化で名詞だけでなく形容詞までも変化するところでしょうか、冠詞類+形容詞+名詞類(3つの性)が最大の難関かもしれませんね。

ドイツ語が日本語に近いと思ってしまうところは、それはドイツ語の独自の語順の原則が影響していると考えられます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ho49p0kl

Author:ho49p0kl
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR