ドイツ語・前進と停滞

ドイツ語はサッカーファンの間ではバイエルン・ミュンヘンとかヘルダーベルリン、シャルケ、ハンブルガーFCなどのチーム名と関連して響きが魅力ある言語のようです。



ドイツ語をはじめようと思う理由は、中学校からの英語とは違い、何か自主的な動機がありますよね。ドイツ語にだいぶ慣れてくると、結構ドイツ語は英語とは違い日本語的な思考回路の作用が存在していることに驚きます。ドイツ語の発音で難しいのはö(オーウムラウト)ですが、これは「Oの変音」と言う名前の通り、オーと言った口の形でエーと発音するおとです。カタカナだと「エー」と表記します。Öl [エール] oil Vögel[フェーゲル] Vogel (鳥)の複数形などです。

ドイツ語が日本語に通じると感じる点は、それはドイツ語の語順の流動性が影響していると考えられます。

ドイツ語は英語よりも、日本人には理解しやすい側面があります。ドイツ語では否定表現の場合、否定を表す言葉は最後に来ることが多く、これは英語の否定表現とは明らかに語順が違い、日本語のような枠構造になります。「私はその本を読まない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't read the book." "Ich lese das Buch nicht." となり、「私は~しない。」という否定の言葉がドイツ語と日本語では最後になると云う共通点があります。

ドイツ語の発音はカタカナ読みでほぼ完全と言っていいほどに対応できます。ドイツ語には日本語になっているけど元の意味はちょっと違うというものもあります。特に知られているのがアルバイトと言う単語、バイトといえば誰もがすぐに分かりますよね、ドイツ語の die Arbeit(仕事)、arbeiten(働く)から外来語として定着したものです。ちなみにドイツ本国では、バイトのことは、part-time job と英語を使います。面白いですねドイツ語の学習の第一の壁は冠詞、名詞、形容詞で起こる格変化かも知れません。慣れてくれば語感で判断できるようになるのですが...

ドイツ語はドイツ本家のほかに、隣のオーストリアやスイスのドイツ語圏などの公用語でもあります。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ho49p0kl

Author:ho49p0kl
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR