ドイツ語攻略・感性と感覚

ドイツ語が日本語に通じると思い当たる点は、それはドイツ語独特の定動詞第二位の原則が影響していると考えられます。

例えばデンマークの首都コペンハーゲンは英語ではCopenhagen[コウペンヘイゲン]ですが、ドイツ語ではKopenhagen[コペンハーゲン]です。

しかしドイツ語もごく最近新書法という、コンピュータへの対応も見越したスペリングの改革が行われました。これは往年のドイツ語の文学的芳香を消し去るもので到底受け入れがたいとの声もありますが、時代の流れに押し寄られた形になってしまうのは、生きた言語としての宿命みたいなものがあるのも受け入れざるをえない事実です。

ドイツ語は外来語として定着しているものもありますが、日本独特の呼び方になってしまっているものもあります。もわりと多いですが日本語として独自の発展をして、元来の意味からはずれてしまっているものもリます。ガスボンベはドイツ語由来の言葉ですが、ドイツ語ではボンベは爆弾のことです。ドイツ語では、ガスタンクがこれにあたります。この単語の場合は誤って使われ続けている言葉です。

ドイツ語が話されているのはドイツではもちろんですが、ウィーンのあるオーストリアや首都ベルンを含むスイスなどで公用語となっています。

ドイツ語をやってみようと思い立った人は、中学校で強制的に始める英語とはちがって、なにかその人の思い入れみたいなものがあるはずですよね。ドイツ語は英語と構造的に共通しているところは多数ありますが、実は日本語に似ていると感じる部分も多いのです。ドイツ語は最近若い人の間でもプチブームが起きているようです。ドイツのブンデスリーガに移籍するJリーガーファンにもドイツ語を勉強している人がいるようです。

ドイツ語では動詞の否定を表す場合、否定形は文末に置かれることが多く、これは英語の否定形との語順とは明らかに異なり、日本語に近い感じになります。「私は行かない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't go." "Ich gehe nicht." となり、「私は~しない。」という否定の言葉がドイツ語と日本語では最後になると云う共通点があります。

ドイツ語の学習が進んで行くと、ドイツ語には英語とは根本的に異なる日本語の仕組みに通ずるものが存在していることに驚きます。ドイツ語はまた発音も日本語に近い母音なので、響きも日本語的に感じる場合も多いです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ho49p0kl

Author:ho49p0kl
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR